人気ブログランキング |

カシャカシャblog

kasyanone.exblog.jp

羅臼の・・・・・・・最終編

昨日の続きです


シマフクロウの登場時間が長く、夫婦で撮っていたため、枚数はとても多くなり、整理するのが大変


でした・・・


魚を銜えている場面、飛び込みの場面、羽を思いっきり広げている場面等、相変わらず


ちょっと甘いピンになってしまいました~


c0295707_1512524.jpg


c0295707_151232.jpg


c0295707_1505290.jpg


c0295707_1504438.jpg


c0295707_1503412.jpg




c0295707_1694018.jpg


c0295707_150168.jpg




<ここからかみさんが撮影>

c0295707_14592843.jpg


c0295707_14592177.jpg


c0295707_14591379.jpg



機材は、カメラが1Dmk4と500mmF4、かみさんが7Dmk2と200-400mmⅡ型


でそれぞれ撮り、6枚目と8枚目以外はノートリです


宿には撮影データが掲示され、私たちのようなドが二つも三つも付くド素人には大変


ありがたかったです 


Mモード、シャッター速度1/80、ISOはF4で3200、F5.6で6400で、シャッター


速度は、LEDの点滅に合わせるため、必ず1/80だそうです


しかしながら、500mmは長すぎて、羽のはみ出た写真が大半でした 


何といっても、羽を横に広げると、1m80cmくらいになります!




宿のおかみさんや実際にこの照明設備を自作された方からシマフクロウのお話を


たっぷり聞くことができました それはそれは凄いドラマでした!!




ということで、シマフクロウの写真は今日でおしまいですが、またいつか訪れてみたいです




明日からはまた地元の・・・・・・・
Commented by yah-_-yah at 2016-12-20 20:50
こんばんは。
古い記事にコメントさせてもらってすいません。
というのもお伺いしたいことがあるのです。
来月、鷲の宿に行く予定です。
SS1/80ということは三脚使用が前提ですか?
いくら手振れ補正があったとしても、手持ち1/80で止める自信はないです・・・(;^_^A
Commented by kasyakasyanone at 2016-12-21 10:01
yah-_-yahさん おはようございます
コメントありがとうございます
1月の鷲の宿、雪絡みのシマフクロウが綺麗でしょうね
鷲の宿では食堂、部屋のどちらかで撮ることができます
食堂では三脚を使用する人が多いのですが、柔らかい
かまぼこ型のゴムでできたレンズを載せることができる
長さ30cmの台が用意されています
この設備を製作した元大学の先生からは手持ちでも撮れ
ますという説明がありましたが、ちょっと不安でしたので
三脚を使いましたが、かみさんは時々外して撮ってました
念のため、三脚を持参されたほうがいいのではと・・・

食堂ではストーブがついていますが窓は全開でした もの
凄く寒いですので、そちらの準備も
部屋から撮る場合もストーブつけっぱなしで、布団を腰に
巻きながら撮っていました 三脚のほうが楽だと思います

旅館の玄関すぐ左の部屋で撮りましたが、そこはお勧めで
すが、食堂でいろいろな国の方と話をしながらというのも
楽しいかな・・・

来月のブログを楽しみにしています! 雪道ですので安全
運転で!!
by kasyakasyanone | 2016-04-12 16:20 | 野鳥 | Comments(2)